合同会社(LLC)設立手続き

合同会社(LLC)とは・・・合同会社設立をお考えの起業家の皆様へ

「合同会社」という法人形態は、少人数で起業される方、個人事業主の方が法人成りをされる場合において最良の選択肢の一つであると言えます。
 
会社設立時の費用は、株式会社を設立するよりも確実に費用を低く抑える事ができますし、さらに合同会社は「法人」であるため、節税も視野に入れた企業運営が可能です。
※合同会社においても、各種許認可(宅建業免許、一般・特定労働者派遣事業、有料職業紹介事業、古物業など)の免許(許可)の取得が可能です。
 
また、合同会社の運営という面においては、株式会社では「株主平等の原則(会社法第109条)」などの強行的規定に従う事が求められますが、合同会社ではこうした規定はなく、定款に定める事により出資額とは異なる利益配分を行う事が可能となります。
合議機関についても社員(出資者)の同意によって自由に設計する事が可能です。
 
つまり、合同会社では「その運営ルール」を社員(出資者)の裁量によって決定できる部分が多く(これを「定款自治」と言います)、「運営ルール」を会社法などで規定される株式会社と比べると、内部ルール構成の自由度は非常に高いものと言えるのに加え、機動性に富む組織を設立することができるのです。
 
当事務所では合同会社設立手続きについてもご用命を承っておりますので、合同会社設立をお考えの方は是非お問い合わせ下さい。
 
これまで会社設立を踏みとどまっていた方は、今こそ会社を設立して最初の一歩を踏み出す時だと、ベストアシストは考えます。

メニュー

合同会社(LLC)設立メニュー

お申し込みはこちらから

フリーダイアル 0120-281-210お問い合わせフォーム